病院の対応

日曜日の午前に旦那が急に回転式のめまいと嘔吐。

救急車を呼ぶ事も考えたけと
旦那がそこまでしなくても良いって言うし
あたしも回転式のめまいは何度か経験していて
救急車は凄く酔うって聞いていたし
一晩安静にして月曜日の朝から近くの耳鼻科に一番で番号を取り受診。

とりあえず脳の検査もしていた方が良いとの事で
点滴だけしてもらい薬をもらい
脳の検査もしてもらえる病院への紹介状を書いてもらい帰宅。

そして昨日紹介状を書いてもらった病院で受診。

最初に気になったのが

大きな病院のわりには患者が少ない。

この病院失敗………?って不安を抱きつつも順番を待ち、そんなに待つ事なく診察室へ。

病名は難しく忘れたけど(調べればわかる(笑))
救急車で運ばれて即点滴入院してもおかしくない症状やったと思うって言われ

この先生すぐに病名がわかる凄い人?と思ったので
以前から聞いてみたかった事を質問してみた。

先生、あたしも普段からめまいするんですけど
めまいって癖になったりするものですか?

そしたら即答で

奥さんの症状よりももっとひどいものです

と、そんな軽いものじゃないって感じで何だかバカにされた感じ。(怒)

いやいや、あんたあたしを診察してないやんけ!!(怒)
あたしもめまいでかなりしんといおもいしとるねん!!(怒)

カチンときたあたしは
もうこの先生と話すまいと思い大人しくしていた。(笑)

そして旦那が聴力検査に。

そこの看護師さんの態度も「あんたあたしのツレか!」みたいな話し方。

段々この病院がイヤになる。(笑)

耳鼻科の受付の人は退屈なのか壁にもたれてるし
総合受付の人もずっと患者に背を向けてダラダラモード。
いやいや、受付でその態度はあかんやろ!!

あたし、こうゆう人逹が許せないんです。(笑)

あたしは絶対この病院には世話にはならない!(笑)

不愉快な病院だぁ~。(笑)

老人の入院

亡くなる二日前、高熱を出し、「何とかして!」というおばあちゃんに、病院の先生は輸血の準備までしてくれて、できる限りの手を施してくださいました。
看護婦さんも、いっぱい手を尽くしてくれました。私は「おばあちゃん!今、新しいお薬打ってるからね!ただ熱が高いだけだよ!大丈夫!先生もちゃんと手を尽くしてくれてるよ!」そういったら、おばあちゃんはうなずき安心していました。座薬も入れてもらい、私はおばあちゃんを腕枕して首筋を撫でていました。おばあちゃんは安心したのでしょうか、興奮が治まってきて、眠り出しました。
でも、私が動くと目を開けるので、「おばあちゃん、今夜はそばに付いていようか?」って言ったら、おばあちゃんは私をじーっと見て何だか戸惑っているようでした。今思うと遠慮してたんですね。私は「一人で大丈夫?恐くない?」って聞くと、うん!とうなずくので、わたしはひとまず帰りました。
次の日の夕方、おばあちゃんに会いに行くと、おばあちゃんの様子が変なのです。
目は右に傾いたまま瞬きをして、イビキをかいて身動きしないのです。
私はすぐに看護師さんを呼んでみてもらったら、やはりおかしいとのことで、先生に報告。
私は仕事があったのと、おばあちゃんが苦しんでいなかったのとで、一旦自宅に戻り、仕事を住ませてから、『やっぱり今夜からおばあちゃんとこに泊まり込みの看病開始だな…』と思い、用意をしていたら病院から電話が入りました。当直の先生からでした。
看護師さんから連絡を貰った先生は、病院に来てくださって、おばあちゃんの様子を見てやはりおかしいので、あれから脳のCTをとってくださり、色々検査もして調べてくれていました。そして、おばあちゃんの脳幹に新しくない出血痕を見つけ、それが呼吸器に影響を与え、また、他の体の状況も極めて悪く、脳幹は治療できないところであると言われ、あと持って2、3日と言われました。
私は電話を切ってから直ぐにおばあちゃんの兄弟に電話を入れ、兄弟は明日、午前中に電車で来るといってくださったので、私はすぐに病院へ駆けつけました。
おばあちゃんは、熱は下がっていましたが、もう体力がないかんじで、それでも瞬きをしながら、まるで私が来るのを待ってますいる感じでした。
私は駆け寄り、「おばあちゃん!大丈夫!?だから昨日一緒にいようか?っていったじゃない!なんで遠慮するの?いつもワガママ言ってたでしょ?なんでワガママいわないの?私にはいつもワガママ言っていいんだから!」って言ったら、おばあちゃんはちゃんと聞こえていたのです。急に感極まり、嗚咽しながら最後の力を振り絞り両手で抱きついてきたのです。
私は、管がいっぱいついたおばあちゃんを泣きながらしっかり抱きしめ、「おばあちゃん!大丈夫!今日はずっとそばにいるからね!大丈夫!大丈夫!」そういって、朝の5時くらいまででしょうか、15分おきに胃の逆流が起こり目を覚ますおばあちゃんの背中をさすったり、冷えた足を温めたり、首筋をさすったり、手を握ったりしていました。

看護発表会の準備

あと、数日で看護研究発表会です手(パー)
この3連休の半分はそこに全力投球中exclamation ×2
てか、もう嫌だバッド(下向き矢印)とにかく家で仕事しないと行けない事が何より苦痛げっそり
何もしてなかったら、してないで気になって休めないあせあせ(飛び散る汗)
遊んででも気になって仕方ないexclamation ×2
看護研究なめてましたw
来年は1年あるからもう1回やったらexclamation & questionとか言われたけど、“ちょっと勘弁して下さい~”って返したけど、心の声では『やるかexclamation ×2ボケェ~exclamation ×2exclamation ×2exclamation ×2これ以上色んなもんふるなパンチ』って叫んでましたあせあせ
でもでも、看護研究もあとちょっとで終止符が打てる指でOKやるからには最後までちゃんとやります手(チョキ)

あとは、看護師国家試験がもうすぐですねえんぴつ
僕のプリセプティー(指導している人)は必修クリアー出来ればワンチャンあると信じたいexclamation ×2
そうなんです、準看護師なので正看目指してたぶん今も国家試験の勉強を頑張っているはず指でOK
頼むからことし受かって下さいグッド(上向き矢印)そんで、正看になったら一緒に精神科の勉強を本腰入れてやろうぜ手(チョキ)

看護師は常に勉強

そろそろ実習なので勉強しようと「病気がわかる」シリーズを買いました。
お医者さん向けの本とのことですが、
可愛い挿絵が付いていて(一部萌え絵w)読みやすく
内容も詳しいので値段以上の価値があると思われます。

イラストでははーんなるほどーと病気を理解する使い方の本で、
広く浅く知っておかなくてはいけない看護師に最適。

この本の「呼吸器」を読んでいたら、
どうやら私は喘息らしいということが分かりました。

気温・気圧の変化後や夜にゴホゴホしているのでモロこれですな。
長年の鬱陶しい咳の原因が分かったのでスッキリ。
さっそく病院に行って薬を貰うことにします。
しかし発生機序不明とはまたミステリアスなものにかかったものです。
どうせならハムスターの毛で発生するとか可愛い理由だったら良かったのに。

気になる分野の「病気がわかる」を買って読むと、
それなりにためになる知識がつくので普通の人にもオススメです。
特にオススメしたいのは「産科」「婦人科」ですな。
トーチャンやカーチャン志望の人は持っておくと良いと思います。
妊娠・出産が身近に感じられること間違いなし!
緊急時も救急にもしもしできるので安心です!!

看護学生は全部持っておくとテストで泣かずに済みます。
もっと早くに買っておけば睡眠時間を増やせたのにと後悔中。
疾病を学ぶ二年生以降に買うと楽しく読めると思います。
お値段もお手頃で10冊でたったの3マソ円。
留年して数十万円ぶっ飛ぶ事を考えると安い安い♪

 

愛知の看護師求人を探す